東南アジア旅 Day 22 チェンコン→パクベン

6月6日 (月)

いよいよタイ出国、ラオスには入りスローボートでルアンパバーンに向けて出発します。

ゲストハウスの朝ごはんは、ごくごくシンプルな目玉焼き&トースト。

IMG_2733

何故かコーヒースプーンがJAL

何故かコーヒースプーンがJAL

ランチのチキンバゲットをもらってゲストハウスをチェックアウト。

8時過ぎ、お迎えのミニバンで国境まで行きます。

IMG_2735

胸にシールを付けさせられる

国境へGO!

国境へGO!

そこでタイ側のドライバーとはサヨナラ。「出国したらラオスのイミグレーションまでのバスがあるから、それは自分で払って乗ってね。ラオスの入国審査が済んだらスローボートまでのお迎えがいるから」と言われたけど、昨日のツアー参加者で同じ経路の人がおらず私1人だったのですごく不安。(´・ω・`)

「簡単にわかるよ~!」と言われ、ドライバーと別れタイ出国手続き。

IMG_2740

IMG_2743

出ると観光バスみたいなバスが目の前にいたので、20バーツで切符買って乗り込みラオスイミグレーションへ。
ここまでは楽勝だった…。

ラオスに着くと、一緒のバスに乗っていた欧米人達はビザオンアライバルのコーナーへ。私は日本人なのでビザなしで余裕で入国審査へ。
その前にラオスキップを手に入れておこうと両替コーナーに並んだのですが、前に並んでる人が何か知らんけどすごい時間かかってて(入国審査官みたいな風貌の人が前に並んでて、どうやら小切手かなんかを発行しているような感じでした)、その間に欧米人達は横のATMで両替していったのですが私はシンガポールドル現金で両替したかったのでそのまま待ちました。

やっと順番が来たら、「シンガポールドルは扱ってない」
うーむ。横のレート案内板にSGDなかったのでそんなことかと思った。それではとオーストラリアドル出したらしばらく何やら調べた後に「入国審査終わったところでできるよ♪」
あー、イライラ。しょっぱなからやってくれるな、ラオス。

入国審査は入国審査で、どこにも入国カード置いてなかったのに「入国カードは?」って聞かれ、もらって書いてやり直し。
この時点でビザなし日本人のくせに周りに大きな遅れ。

やっと入国後の両替所にたどり着き、AUD両替したけど、ラオスキップ単位が大きすぎて全然わからん!
AUS$50が、288000Kipになりました。

IMG_2759

これでとりあえずイミグレでやること終了。
いざスローボート乗り場へのピックアップは・・・と見渡すもそれらしき人いない(´Д` )

スローボート乗りそうな欧米人もいない!!(´・ω・`)

そこらへんで談笑してるオッちゃんに「スローボート!」というと「誰か来るからそこで待ってな」と。
しかし待てど暮らせど、誰もこない。スローボートの出発は10時と聞いていたのに9:45。もう入国して1時間近く待ってる。置いてかれたんじゃなかろうか?

さっき聞いたオッちゃんにもう1回「誰か待ってるはずだったのにいないし、10時にスローボート出ちゃうんだけど・・・トゥクトゥクで行った方がいいんじゃなかろうか」と聞いたら「スローボートは11時半発だからまだ大丈夫。ツアーに参加だったら普通はここでサインして連れて行くはずだからもう少し待ちな」とな。

017028d5dd271cbdd4dafd7d640ccf5da5f74055b8

しかしなんの人かもよくわからんオッちゃんが言うことだから間違ってるかも知れないから焦って、タイ側でもらった胸に貼ったツアー会社のシールにあった番号に電話するもタイ語しか通じないみたいで英語話してたら切られた!
3つくらい書いてあった電話番号に順番にかけていったところに、ピックアップと思われる人が私の胸のシール見て「あ、サインしてここ〜」と現れた。まさに救世主!だけど、遅いよ!!!

IMG_2761

なんとか無事にスローボート乗場に行けました。
思うに、おそらく私が到着した9時位にもお迎えはいたにはいたんだと思います。ただラオス側のピックアップには参加者の名前や人数は伝えられてなく、1時間ごとに迎えが来てシール付けている人をランダムに連れて行くっていう流れなのではないかと。
勝手にトゥクトゥクで行かなくてよかったよ。オッちゃんありがとう・・・。

10時頃にバスでラオス側に到着した他の人たちと一緒に船着場へ。

無事、イミグレから移動できる…

無事、イミグレから移動できる…

IMG_2765

IMG_2769

船着場の売店

船着場の売店

スローボートの中には食べ物飲み物は売ってないってことで、ガイドから売店で買っておくように言われます。それからパスポートを一旦預け、出発時刻近くにボートのチケットと共に返されます。

同じボート乗る人たち。アジア人ワタシダケ。

同じボート乗る人たち。アジア人ワタシダケ。

私のツアーには一応サンドイッチのランチが含まれているのだけど、売店で売ってる方が美味しそうなので買ってしまった。それから、ビール3缶と水、オツマミ。
全部で60000キップだったけど、後で計算したらAUS$10くらい。高いなあ。

IMG_2771

お手伝いエライね

お手伝いエライね

IMG_2775

スローボートに乗り込み出発!

IMG_2785

IMG_2789

もらったチケットには番号が付いていて、フェイサイからパクベンまでは座席が決まっています。
私は3人掛けシートの通路側でした。

車の座席を使ってます

車の座席を使ってます

周りの欧米人は早々に席替えしたり、座席は床に固定されていないので向かい合わせにして宴会開始!(´Д` )
ラッキーなことに私のお隣は静かなカップルだったのでうるさい人達と向かい合わせにされたりしなかったので良かったです・・・。

出港早々にカオス状態に

出港早々にカオス状態に

欧米人パッカー、いきなりラオスのスピリッツ(ウォッカかラム??)をコーラやファンタで(濃いめに)割りガンガン飲んで音楽かけ出しておりました(´Д` )(´Д` )
私はiPhoneでラジオ聞いて自分の世界に入ってましたが、自分でイヤホンつけて音楽聴いたり耳栓しないと落ち着いて乗りたい人にはちょっとツライです。

私もひっそりとビアラオを飲み始めるが…

私もひっそりとビアラオを飲み始めるが…周りのテンションが高まるにつれて私のテンションは落ちていく

売店のサンドイッチ美味しかったです。

売店のサンドイッチ美味しかったです。

船の中は禁煙ではないらしく、みんな座席でモクモクしてるので灰も飛んでくるし・・・。
ちなみに、日本人はおろか旅行者のアジア人は私だけでした(´・ω・`)

でも窓の外の景色は素敵でした

でも窓の外の景色は素敵でした

IMG_2809

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

大宴会は約7時間続き、18時頃パクベンに寄港!解放される〜。

IMG_2816
船着場にはゲストハウスの呼び込みがいっぱい来ていましたが、私はあらかじめ予約して置いたので「決まってますぅ〜」と通り抜けて予約した宿へ向かいました。

IMG_2818

今日の宿はDPゲストハウス。

IMG_2826
船着場から近くて、なかなかいい感じ!メコン川を臨めるしお部屋に入ってみると、ちょっとしたホテルくらい綺麗だしエアコン付き・プライベートバスルームも清潔で使いやすい。

IMG_2821

IMG_2825
水が出ないというトラブルがいきなり発生したけどオーナーさんがすぐに対応してくれました。

スローボートの中は結構暑くて汗だくになっていたのでシャワー浴びてから街ブラと夕食にでかけました。

街ブラと言ってもお店が並んでいるのは1本道の短い区間だけ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

IMG_2828

IMG_2832

レストランも一応色々あるのですが、全然お客さん入っていないとこだとちょっと入りづらくてそこそこ他のパッカーが入ってるインディアンレストランにしちゃった。

IMG_2839
どこのお店も小さい子が店番のお手伝いしているのが印象的でした。働かされているっていうより頑張ってお父さんお母さんのお手伝いしてる微笑ましい雰囲気です。

メコン川が見える席に陣取り(と言っても間もなく真っ暗になって見えなくなったけど)、まずはビアラオ!

IMG_2835

IMG_2840

IMG_2841

そしてガーリックチキンとナン。チキンの味付はあんまりインドっぽくないけど、ま、いっか。

その後は船着場に勧誘に来ていたバーに行ってみることに。カクテルでも1〜2杯飲んで帰ろうかと思って。
Happy Barというお店で、看板も出てるけど宿からはちょっと歩きました。

IMG_2857

一番乗りで入店!いきなり陽気なにいちゃん達が「バナナウィスキーだよ!」とショットをサービスしてきて(後から請求されるなんてことはありませんでした)、音楽好きなのかけるよ!Wifiパスワードはこれだよ!と色々気を使ってくれました。

IMG_2843

IMG_2844

IMG_2845

いい雰囲気の中、ピナコラーダ飲み出しゆっくりしていたら間もなく欧米人パッカー団体様ご来店〜。ガンガン飲み出した!
7時間ぶっ通しで飲んでまだ飲むか〜、すごいなぁ。

IMG_2853

もう1杯、コスモポリタン頂いて私は退散。

IMG_2852
にいちゃん達「アリガトーオヤスミー」と見送ってくれていい気分で宿に帰りました。

お部屋は何匹か小さい蟻は見かけたけど、蚊やハエ、蛾は入ってこなくてとてもよく眠れましたよ〜。スローボートの旅をするならオススメの宿です!

コメントを残す