オーストラリア国内旅行, オーストラリア生活, レディエリオット島&バンダバーグ 2016

Lady Elliot & Bundy ③ バンダバーグからセスナで島へ!

ラム堪能した後は、バンダバーグ空港へ戻ってきました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

こじんまりとした南国の空港、いいなぁ。

まだレディエリオット島までのフライトには1時間以上あります。

チェックインは30分前からってことで、とりあえず中のカフェで待つことに。

IMG_8096

空港内のお店はここだけです!

サンドイッチやラップ、ミートパイなど簡単な食事と飲み物。アルコール類もありました。

ミートパイとコーラをお買い上げ。

IMG_8097

まだこの時は結構空港内に人がいました。

IMG_8095

ランチを食べていると、パイロットっぽい人がやってきて「あのー、レディエリオットに行く?まだ早いけど、ランチ食べ終わったらいつでもチェックインどうぞ」って。

食べ終わってデパーチャーカウンターへ行ってみたら、

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

カンタスとバージンのカウンターしかないぞ(´・ω・`)

ウロウロしてたら、さっきのパイロットが気づいて手続きしてくれました。といっても名前を聞かれて名簿チェックし、ボストンバッグの重量を測って(15キロまでしかダメですよ~)ネームタグ付けて終了!

バッグは預けず、タグだけつけたらそのまま自分で飛行機まで持って行きます。

IMG_8101

再び、乗客がそろうまで待ちます。

この頃には他の便が出発した後らしく、空港内も人が全然いなくなった…。

レディエリオット島へは13:10発の便でしたが、12:45くらいに再度パイロットが「もう揃ったから行きますよ」って。

空港のデパーチャーゲートではなく、外を回って別のルートから行きました。

DCIM100GOPROG0030064.

みんなで歩いていきます。

DCIM100GOPROG0030066.

こういうところから飛行機乗るのは初めて…、じゃない。15年前に同じようにバンダバーグからレディエリオット島へ行ったはずなんですが、全然覚えてなかった(^^;;)

DCIM100GOPROG0030067.

あの小さなセスナが、私達を島へ連れて行ってくれる飛行機!

IMG_8105

乗り込みます…!

10人乗り位だったでしょうか。バンに乗るような感覚。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

Seairという航空会社のようです。

全員乗ったら、まだ13時にもなってませんが出発しました!

DCIM100GOPROG0040071.

そうそう、搭乗時に使い捨ての耳栓が配られました。 ブーーーンって結構うるさいので。

何故か復路は配られなかったんですが、我慢できないうるささではなかったです。

でもやっぱり小さい飛行機はコワイ! 離陸してしばらくは揺れてドキドキしました。

DCIM100GOPROG0060096.

まさにパイロットに命を預ける…。 

レディエリオット島には船でのアクセスができないので、飛行機苦手な人は辛そう。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

海の上を飛んでいきます。飛行時間は約30分。

DCIM100GOPROG0070112.

島が見えてきました!

でも外は雨が降り出してます。 (´・ω・`) 

サンゴ礁の海が綺麗に見えない~。 もしかして滞在中ずっと雨だったらどうしよう。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

そうこうしているうちに、島が近づいてきました♪

いよいよ島に到着です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。