【Lady Elliot & Bundy 旅】 レディエリオットアイランドエコリゾート

1時間歩けば島を一周できる、小さなレディエリオット島のホテルは1つだけ!
『Lady Elliot Island Eco Resort』です。

IMG_8289

レディエリオットアイランドリゾートの口コミをチェック!

チェックインと「エコキャビン」のお部屋

まずは同時刻に到着したハービーベイからの宿泊客も一緒にオリエンテーション!ここはリゾートとはいっても、スパやエステがある豪華リゾートではなくこの島の自然を壊さないように調和しているエコリゾートです。

ウェルカムドリンクを頂きながら、アクティビティ等の案内に加えサンゴ礁を傷つけないようにシュノーケリングをすること、島の鳥や海の生き物についての注意を受けます。

welcome drink
welcome drink

説明が終わったらそれぞれチェックイン。

大勢の人が一度に入島したのでカウンターが大混雑!私は早速ビーチを眺めてからゆっくり手続きすることにしました。

IMG_8395

リゾートの目の前にこんな綺麗なラグーンが広がっているなんて、本当に素敵。見ているだけで癒される。

時間をつぶしてからレセプションに行くと、待っているのは2~3組に減っていました。リゾートなので見たところほぼファミリーかカップル 😯  1人旅は珍しいらしく、前にいたご夫婦の旦那さんが話しかけてきてくれました。

「どこから来たの?」
「ブリスベン住んでるけど日本人だよ」
「”sugoi”!」 

彼は仕事で何度も日本に行ったことがあるらしく、日本語の単語を色々知っているようでした。奥さんにも「シュノーケリング行くなら誰かと一緒じゃないとだめよ~」なんて言われてチェックイン待つ間ちょっとおしゃべり。
日本人同士で旅行して日本語しゃべってたらあんまり他の旅行者に話しかけられることないけど、1人旅はこういうのも楽しみの一つ。

ここの宿泊施設は、2ベッドルームユニット『アイランドスイート』、ビーチフロントの『リーフユニット』、少しビーチから中に入った『ガーデンユニット』、節約タイプの『エコキャビン』があります。

15年前は友達と一緒だったのでリーフユニットに泊まりましたが、今回は一人だしエコキャビンにしてみました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

チェックイン時にラミネートされた地図を渡され、自分の部屋へ向かいます。

そうそう、この島とにかく鳥が多いです。

IMG_8301

DCIM100GOPROGOPR0697.

シュノーケリングしているとき以外、視界に入らない時がないんじゃないかってくらい。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

こちらが『エコキャビン』! 外に椅子と小さなテーブル。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

お部屋の中はこんな感じです。 バンクベッド4つですが、最高4人までは1部屋に泊まれますよってことでドミトリーではありません。どのベッドで寝るかちょっと迷いました(笑)

テント地のような作りで、窓はメッシュ、カーテンはマジックテープで開閉します。夜は電気をつけるならば必ずカーテンを閉めなければいけません。なぜなら光に向かって歩いていくウミガメの赤ちゃんが間違えて寄ってきてしまうから。

ちなみにエアコンはなく扇風機のみです。

DCIM100GOPROGOPR0385.

私の荷物が散乱している状態で申し訳ないですが、こういうロッカーが一つ備わってます。

タオルは4枚、エコリゾートなので洗濯する必要のないものは洗濯しません。ハウスキーピングが必要な場合は、忘れちゃったけどサインがあってそれをしないとされません。私は2泊なのでしてもらいませんでした。

DCIM100GOPROGOPR0382.

それからデッキブラシが用意されていました。砂だらけになるのでね。

砂を掃除するの画
砂を掃除するの図

後、枕元のチェストには耳栓が…。鳥の声用だそう。 1日目なめてかかったら夜中に起こされました。なんか、すごい変な鳴き声で。 例えて言うなら志村けんの「いっちょめいっちょめ”ワーーオ”」(古)みたいな声??

耳栓はして寝た方がいいです!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

エコキャビンにはシャワーとトイレ付いていないので共用のモノを使います。きれいに掃除されていて、気持ちよく使えました。

他の部屋タイプも共通ですが、全室”カギがついてません”。 最初はおどろきましたが、今まで一度も問題が起きたことはないそう。たしかに高いお金払ってここまで来て盗み働くヤツはいませんよね。

それからテレビもなく、携帯も圏外! Wifiは有料で使えるそうです。

IMG_8394

私は利用しませんでした。

せっかくこういう離島に来たら、日常のことは忘れたいですから。案の定本島に戻った時に仕事がらみのメールが入って来たし…。島で見てたら気分台無しになるとこだったわ~!

リゾートのお食事

レディエリオットアイランドリゾートのレストランは1か所だけ!
宿泊者は全員、朝と夜のビュッフェ付きで食事はこちらで頂きます。

DCIM101GOPROGOPR1371.

ビーチ側からの入口です

DCIM101GOPROGOPR1367.

ほぼみんな同じ時間帯に集まってくるので、テーブルのスペースは広いです。

DCIM101GOPROGOPR1368.

バーカウンターもあります。

DCIM101GOPROGOPR1365.

ビュッフェのお食事は、バーカウンター横のこちらのスペースに並びます。

DCIM101GOPROGOPR1366.

レディエリオット島では農作物は採れません。
材料等すべてを本島から持ってくると思うので、いっぱい種類があるわけではないですがそれなりに充実した食事です。

DCIM101GOPROGOPR1369.

朝はパンにシリアル、ヨーグルトにフルーツ。それに卵やポテト、グリルドトマトとか。

IMG_8303

フルーツもありますし、本島のホテルとそれほど差はないように思います。

IMG_8304

IMG_8305

 

 

 

 

IMG_8306

朝は外のカウンターでビーチ眺めながら食べるのが最高でした。この、手前のマッシュルームオイル炒めがとっても美味しくて。

IMG_8317

それと、マフィンを焼いてベーコン・ポーチドエッグで作ったベネディクトも2個食べちゃった。

IMG_8315

外の席は鳥ちゃんに常に狙われますが…。 それもまた一興。

IMG_8341

夜はチーズやサラミなどのツマミ系をまず頂いて。

IMG_8343

IMG_8344

メインは日替わりでローストビーフだったりチキンだったり。

IMG_8340

デザートも毎日3種類くらい用意されていました。

こういうエコリゾートのビュッフェと考えたら、十分過ぎるくらい美味しいと思いました。それから、バーの方も良心的な値段。というかむしろブリスベンのそこらのバーやらレストランよりちょっと安いくらいでした。

こんな出会いも

初日のディナーの時に、チェックインの時に一緒だったご夫婦が既にワイン開けながらお食事されてて手を振ってくれたんですね~。
ご挨拶したら「もし気にならなければ一緒にどう?」って言って下さってテーブルご一緒させてもらいました。

彼らはシドニーに住む50代(でも40代に見えた!)、カナダ出身の旦那さんとフランス出身の奥様。31年前にカナダで出会いオーストラリアに移住して21年になると言っていました。 レディエリオットに来る前はフレーザー島でキャンプしてたそうです。この島には4泊するそうで、うらやましい~。

お2人とも日本に行ったことがあるので日本の食文化のこととか、「ぶっちゃけオーストラリア人ってどう思う?」みたいな話をごはん食べながらゆっくりお話ししました。

旅先でのひとりご飯はもはや寂しいと感じないですが、こうして誰かとお酒飲みながら食べるのもやはり楽しいですね。お2人はほんとに仲が良さそうで、30年以上一緒にいても奥様が旦那さんを「Sweetheart」って呼んでてイイナァって思っちゃいました。

いい気分になって、私はスパークリングとデザートで〆。

IMG_8352

お2人とは2日目の夜もディナー一緒にさせてもらっちゃいました。 

写真を一緒に撮ったけど、特に連絡先を交換したりはしてないのですが、またどこかで会えたらいいなぁ。予想してなかった良い出会いでした。

 

 

 

 

 

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください