バンダルセリベガワン, ブルネイ, 旅日記, 東南アジア一人旅2016

東南アジア旅 Day53 バンダルセリベガワン

7月7日(木)

昨日ちゃんとパッキングせずに疲れて寝てしまい、部屋ぐちゃぐちゃのまま5時に目が覚めた。

髪も洗って濡れたまま寝てしまったらしい…。

イスタナ(王宮)に出かける前にちゃんと荷物まとめなきゃいけないので、朝からノソノソと片付け始める。

しかしイスタナにも早く行かないと。
何とか身支度とパッキングを済ませ、7時。Kemも起きてきた。
シティからバスで行こうとしていたけどJettyに出たら水上タクシーでイスタナまで行くと言う親子がいて、Kemが連れて行ってくれるように頼んでくれた。

 

水上タクシーでイスタナの近くまで5分くらいだったから、バスにしなくてよかった。
そこからシャトルバスが出ていてイスタナ内部の入場口まで。こんなの1人じゃわからないから、連れて行ってくれる人がいて助かった…

 

入場の荷物検査で傘は持ち込みダメと言われ、外の傘立てに挿して入ることに。
まだ7時半過ぎだったけど凄い人!

登録証のようなものを書かされます。

ケバヤがジャワスタイルなので、周りと何となく違う雰囲気のワタシ。。。

お食事の列へ。
親子はお食事しないのか、スルーして行くと言うのでここでお別れ。

 

しっかりとしたお皿に、ゴハンに海老にビーフにラムなどなど美味しそうなものを次々盛り付けてもらいました。

 

人いっぱいだけど食べるスペースもすごく広い!ドリンクとデザートもいっぱいありますよ。
席を確保して、いただきます!
うーん♪さすが王室で出されるものは美味しい!もっと盛ってもらえばよかった( ^ω^ )
デザートも、寒天ゼリーのようなものやクッキー、パウンドケーキなどどれも美味しかった!

食事を済ませたら順次謁見の列へ。ここで男女別々の道を歩み始めます。
男性は王様、女性は女王様とお会いする為です。ダンディな王様に会ってみたかったなーー。

まず食事スペース横の椅子で待つ。 ハリラヤのミュージック・ビデオが延々と流れておりました。

 

 

次に何だか豪華な金ピカ&シャンデリアルームで待つ。
なんとなくトイレに行きたい気持ちになりつつも、元いた場所に戻れなくなる気がして行けなかった。

そして更に長い列になってロイヤルファミリーのお部屋に到達するまで、3時間かかりました!
ひゃー! 一生会えないんじゃないかと思ったわ!

謁見のお部屋では写真は撮れませんが、王妃様達と握手させて頂くことができました!!
緊張したーー!世界トップクラスの大金持ちと握手。ご利益ありそうだわ。

そして最後のお楽しみ、お土産と王様のカードを頂き終了!!

入るときに預けた傘、、もはや何処だったのかもわからないし諦めました。

 

さてここからシティまでどうやて帰ればいいのか…。
なんとなくみんなの後について王宮の前の道路でバスを待っていたけど、ちゃんとしたバス停みたいなのがなくてみんなどんどんバスが来る方向へ歩いて行って我先にバスを止めて乗り込んで行くので、「これはうかうかしてるといつ帰れるかわからないぞ…」と覚悟。

そこへ怪しいオッチャンが登場。「ここで待ってたらいいよ」とバスが来る方へ連れて行ってくれたのは良いけど、ずっと話しかけられてなんかちょっと変わった感じの人で対応に困った…。
バスがきて乗り込むと同時にオッチャンから離れちゃった。オッチャンはバスの中でも大声で喋ってた。

なんとかシティのバスターミナルに到着し、ヤヤサンショッピングモールの中でジョリビー食べてからロッジに戻りました。

 

着替えてKemとLianにお礼を言ってから荷物まとめて出発。
今晩は「七つ星ホテル」エンパイアに泊まるのです。 七つ星といってもシンガポールのマリーナエリアのホテルの方がよっぽど高いよ!

 

水上タクシーでシティに出て、あらかじめ調べてたバスに乗り込みました。ハリラヤ帰りの人が多いのかこちらも大混雑。
スーツケース持って乗るのもはばかられたのだけど、また親切な人が乗り込むの手伝ってくれて無事乗車。

…と思ったら、多分車掌でもなんでもないと思うのだけど奥から女の人が

「あんた何処行くの?」
「…エンパイアホテル」
「降りろ!!タクシーで行け!!」

と、怒鳴ってきたから降りざるを得なかった(泣) (別に悪いことしてないし真っ向勝負した方が良かったのか?)
いやー、スーツケースなかったらもう1人くらい乗れるかも知れないけどさー。
エンパイア泊まる奴がバスに乗るんじゃねえってのもわからんでもないけどさー。
$1で行けるなら行きたいんだよ、こっちだって無理してエンパイア泊まるんだから節約させてよー。そんな青筋立てて怒らんでもええやんか!!

しょうがないのですぐそばで客待ちしてたタクシーへ。
ブルネイのタクシーはメーターがないので最初にいくらか聞きましょうね。$30でした…。別にボラれた訳じゃないと思うけど、エンパイアはシティから遠いのです。$1で行きたかったよ。

そんなこんなでエンパイアホテル到着!
このタクシードライバーさんには明日もホテルから空港まで行ってもらうことにした。

エンパイアホテル、凄い!
広い!ゴージャス!

お部屋は古さはあるけど、広々してました。

ハリラヤのカードとお菓子も用意されていましたよ。

夕方ビーチをお散歩。

夕焼けが綺麗だった!!!

夕飯はホテル内のビュッフェスタイルのレストランにしました。

エビ、ホタテ、ムール貝などシーフードも色々ありましたよ。

しかし、色々シーフードがあってもお酒が飲めないのはやっぱりツライな…。

お部屋に戻ります。 エレベーターホールも広々~~

バブルバスにしてゆっくり湯船つかりました。

明日は移動です。

いよいよ、最後の国であり拠点であるシンガポールへ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。