タイ, バンコク, 東南アジア一人旅2016, 移動手段

【タイ国鉄】JRブルートレイン乗車記録1 準備編

元々のプランではマレーシアから鉄道でバンコク入りし、バンコク滞在後にバスでカンボジアへ行く行程を取る予定だったのですが、タイの鉄道について調べている間にバンコク・チェンマイ間に元JR西日本のブルートレインが走っていると知りチェンマイ行きを決めました。

この車両は残念ながら私が乗車した半年弱後に運用が終了したらしく、現在は中国製の新型車両が導入されています…。 

情報は2016年6月現在のものですので、「こんな列車があった」という乗車記録としてお読みください。また、車両についての知識もありませんのでその辺もご容赦くださいませ。

簡単に事前の準備を振り返ると

  • 手配方法

2016年6月当時タイ国鉄ではインターネットによる予約はできませんでした。

しかしながら、バンコク・チェンマイ間の寝台列車はバックパッカーの人気が高く特に一等個室は取りにくいと聞いていたので、インターネットで代行手配をしてもらえる12goAsiaという現地の旅行会社に1か月半前くらいに申し込みました。 

こちらの会社のウェブサイトは日本語対応(若干?と思うところもありますが)なので見やすいと思います。メールと現地オフィスでのやり取りは英語です。

インターネットから希望の列車とクラスを選んで申し込むと、フアランポーン駅の向かいにある現地オフィスのスタッフが駅に切符を買いに行きピックアップするまでキープしてくれるんです。 レスポンスも早くて助かりました。

12goさんのオフィス
  • 料金

一等個室でエージェントへの手数料合わせてTHB2420=¥8194(2018.2.7為替計算app基準 12goのウェブサイトでオンライン予約の際にクレジットで支払い)

券面にはTHB1953= ¥6613 とあります。¥1581がエージェントの手数料ってことですね。

バンコク到着前にJR車両の寝台を確実に押さえてもらって、駅前のお店でピックアップするだけと考えればどうしても乗りたかった私には高い手数料ではないです。

「JR」の記載があります

 

  • 時刻

バンコク 19:35発 チェンマイ 翌8:40着

 

  • 当日の乗車記録

こちらが駅です。

日本語ではバンコク中央駅? 

券面にはバンコクとありますが、「フアランポーン駅」「クルンテープ駅」とも言われます。

ドーム型のクラシカルな駅。外観も、そして後で写真を載せますがホームもとっても美しいのです。

残念ながら数年以内には長距離列車の発着駅としての役目をお隣のバンスー駅に移すそうで、もうちょっとでお別れになる予定なんです。カナシイ。

 

ーここからは若干余談ー

19:35発ですがおなかも空いていたので駅前のホテルから荷物をピックアップする前に軽く食べることにしました。

駅前の東側に屋台が集まっています。

 

近くに欧米パッカーもいるオサレっぽいカフェもありますが…。

バンコク離れる前にローカルなところで食べたいじゃない。

『深夜特急』の主人公が出発前に飯を食べたのもこの辺なんだろうか。

 

メニューくれたはいいけど、中国語とタイ語なので写真と漢字でどんな食べものか想像。

テーブルはこんな風に道路にせり出してます。

タイ国鉄は列車内へのアルコール持ち込みは禁止。車内での販売もないので、出発のカンパイはこちらでしておこう。

チャンビア 50B
ガパオライス ビールと同じ50B

美味しかったです♪

ファランポーン駅の中にも食堂はありますが、「駅舎を眺めながら」ってのもいいですよ。

そこへ、焼き鳥屋台のおばあちゃん登場。

 

駅をバックに、せっせせっせと焼いていますよ。

常連っぽいお客さんが買って行きました。

なんかいい光景だな~。

どれ、私も一つなんか頂こう。

どれがなんだかわからないけど、美味しそうなの指さして「コレ」って。

 

美味しかったよ、おばあちゃん。

駅の改築までにまた来るね!

 

ー長くなったので、駅と列車は次回にー

 

 

深夜特急〈2〉マレー半島・シンガポール (新潮文庫)

新品価格
¥497から
(2018/2/8 01:14時点)

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。