旅の準備, 東南アジア一人旅2016, 移動手段

【東南アジア一周】旅のルートと日程

東南アジア一周の旅では、8ヶ国を60日間で回りました。

私の場合はスタートが日本ではなくオーストラリア、またシンガポールを空路のハブとして合計4回(ジョホールバルへの日帰りも入れると5回w)も入国した特殊なケースだとは思うのですが、どうやってプランニングしたか残しておこうと思います。

  • 旅のルート

↑の雑な画像は、私が滞在した都市とルートです。 シンガポールからマレー半島を北上して途中島でリゾートを入れつつ鉄道を使えるところは鉄道優先でルアンパバーンまで到達したら東側のカンボジアとベトナムを回るために一旦バンコクまで南下してから東へ移動し、再度鉄道でベトナムを南から北へ縦断しハノイで陸路編を終えました。

その後は空路でシンガポールへ戻り、セブ島とバンダルセリベガワンをそれぞれ直行便で往復したのが空路編。

う~ん(-_-;;) 私的にはベストルートだったのですが、誰ともかぶらなそうだし誰の参考にもならなさそう…。 

簡単に移動方法を紹介するとこんな感じです。

  1. 【シンガポール】バスで国境まで行き、鉄道で国境越え
  2. 【マレーシア】(ジョホールバル経由)(鉄道)→クアラルンプール→(鉄道&フェリー)→ペナン島→(車&鉄道)→アロースター→(車&フェリー)→ランカウイ島→(フェリー)
  3. 【タイ】リペ島→(フェリー&ミニバン)→(ハジャイ経由)(鉄道)→バンコク→(鉄道)→チェンマイ→(ミニバン)→(チェンライ・チェンコン経由)
  4. 【ラオス】(スローボート)(パクベン経由)→ルアンパバーン→(バス)→ビエンチャン→(鉄道)(タイ・ノンカーイ&バンコク経由)
  5. 【カンボジア】(バンコクからバス)→シェムリアップ→(バス)→プノンペン→(バス)
  6. 【ベトナム】ホーチミン→(鉄道)→ダナン→(鉄道)→ハノイ→(飛行機)
  7. 【フィリピン】(シンガポール経由)→セブ島→(飛行機)
  8. 【ブルネイ】(シンガポール経由)→バンダルセリベガワン→(飛行機)→シンガポール経由で帰国

*ルアンパバーンからハノイに出らホーチミンへ南下し、ベトナム横断してバンコクからシンガポールに飛ぶ方が効率良さそうに見えます。何で一旦タイに入国するルートにしたんだっけ?多分友達がいるハノイをゴールにしたかったのと、ルアンバパーンーハノイの国際バスよりもビエンチャンでラオスもう1都市見て鉄道でノンカーイからバンコクに行く方が安心安全と考えたからかな。

 

  • 滞在都市の決め方 
  1. まず、なんとなく滞在したい都市をピックアップ

 私の場合はなるべく東南アジアにいる友達に会いたかったので、まずは確実に会えそうな友達のいるシンガポール・ペナン島・バンコク・ハノイを選ぶ。

   2.そこを結ぶ間の大都市や観光地を加えていくと

シンガポール-*クアラルンプール-ペナン島-バンコク-*シェムリアップ-*ホーチミン-ハノイ

  3.治安が悪いと聞いてて却下しようとしたプノンペン、友達にお世話してもらえそうなので+

シンガポール-クアラルンプール-ペナン島-バンコク-シェムリアップ-*プノンペン-ホーチミン-ハノイ

    4.ホーチミンからハノイ、一気に鉄道は厳しいので

シンガポール-クアラルンプール-ペナン島-バンコク-シェムリアップ-プノンペン-ホーチミン-*ダナン-ハノイ

    5.バタワースからバンコク行きの鉄道のこと調べていたら、チェンマイ行き列車にJRの譲渡車両が使われていること発見。更にチェンマイまで行くならバンコクへ往復するよりラオス入国という手もある!

シンガポール-クアラルンプール-ペナン島-バンコク-*チェンマイ-*ルアンパバーン-*ビエンチャン-シェムリアップ-プノンペン-ホーチミン-ダナン-ハノイ

 7.更にいろんな人のブログを見ていたら、ランカウイからリペ島という海の綺麗な島に行ける!ランカウイにはペナン島からフェリーが出てる

シンガポール-クアラルンプール-ペナン島-*ランカウイ島-*リペ島-バンコク-チェンマイ-ルアンパバーン-ビエンチャン-シェムリアップ-プノンペン-ホーチミン-ダナン-ハノイ

~~~ここまでは出発する前に決めてました~~~

    6.マレーシアにいるのをFBで見てくれた友達が「アロースターにも来ない?」って。アロースターからランカウイ行のフェリーにもアクセスできそう!

シンガポール-クアラルンプール-ペナン島-*アロースター-ランカウイ島-リペ島-バンコク-チェンマイ-ルアンパバーン-ビエンチャン-シェムリアップ-プノンペン-ホーチミン-ダナン-ハノイ

に至ったという訳です。

その後のブルネイとセブ島は、どうしてもハノイを出て2つを回ってシンガポールに戻る良さそうなフライトのルートが見つからなかったのでシンガポールからそれぞれ往復することにしました。ハノイから香港とかまで行ったら何かいい方法あったかなぁと思うけど…。

*ミャンマーも考えたけどちょっと陸路で行くにはアクセスしにくそうなので今回は却下

*インドネシアは、何ならシンガポール滞在中にフェリーでビンタンかバタム日帰りもありかな?と思ったけど時間がなかったので却下。

 

  • 期間

オーストラリア出国するにあたって仕事は辞めているので時間はいくらでもあったと言えばあった。

なので気に入ったらどこかで長く滞在してみたり、もっといろんな都市にいったりそれこそ時間かけてミャンマーやインドネシアも行程に入れることも考えたけど、あまり長過ぎては1つの都市にかけられる予算も減ってしまうし、グダグダ沈没しそうで怖いので60日としました。

60日間にして良かったのは、やはりマンネリ化せずにゴールできた期間だったこと。

でも8ヶ国となると1~2泊で移動する都市も多いので、どこも3泊くらいはしておきたかったかなぁ。予算が合えば90日でもよかったかも知れない。

 

  • 日程

滞在したい都市と何となくのルートが決まったら、次はそこをどういう日程で回っていくか。

これはおススメのやり方があります!

  1.  まず、ネットで無料のカレンダー(A4に2ヶ月分プリントできるデザインが使いやすい)をダウンロード&プリント
  2.  消せるボールペンラインマーカーで、何となく行程を記入していきます。

(例)私は滞在をピンクとグリーンで交互に、移動を黄色でラインを引いて行きました。

 3. 移動時間にも注意して…。決まった色で書き込んでいくと「ここは移動時間長いから次の都市で長めに滞在して疲れを取ろう」とか「夜間の移動が続いてしんどいから昼間のバスにしよう」と気づけます。

「ランカウイ、滞在時間短いなぁ~」とかね。

  4. 移動手段を変えたり滞在期間を変えたらその都度消して書き直す

 

一連の行程がすごく見やすくて計画が立てやすいです♪

 

私は旅に関しては事前に綿密な計画を立てておくのが好きなので、2~3か月前からルートを決め出してほぼ事前に決めた通りの日程でゴールしました。 

取りにくい鉄道チケットや人気のホテルを結構前段階で予約したので、バックパッカーの割にツアーみたいに旅程表に従って動いてた気がします(^^;;)

性格的にどうしてもそんな動きになってしまうのですが、ある程度未定部分を持たせておいた方がバックパッカーっぽいかも知れないですね。 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。