【バリ島+ジャワ島横断2018】Day13: バンドン到着後カーチャーターで1日観光!

Date 

2018/6/19 Wed

Note

昨夜は記憶の中では最後にスマホの時刻を見たのが23時過ぎ、その後は時折列車のガタガタという揺れや頻繁に鳴らす汽笛がレム睡眠と悪い具合に作用するのか、何度か変な夢の途中で夜中に目が覚めた。
 
しかし何度目かに「さすがに今回は結構寝た気がする」と時計を見ると朝4時過ぎ
到着予定は5:04だから、もうそろそろ頭を起こしておいた方が良いかな…。
外はまだ暗く、iPhoneの天気予報で見るバンドンの日の出は5:45だから暗い内に到着するのかも。
保冷バッグの中から昨日スラカルタで買ったスラビ取り出しムシャムシャと食べる。
それにしても、Googleマップでの現在地から推測すると5:04にはバンドンに着かない気がする。昨日ソロバラパンの時点で30分以上遅れていたし、挽回は効かなかったということか。

結局1時間近く遅れてバンドンに到着!
そうそう、当初はスラカルタから一気にジャカルタへ行くジャワ島の北側を走る路線で旅する予定だったのですが発売早々売り切れてました。レバランの時期にジャワ島を旅行する場合は要注意です。

ジャワ島の南側を通りバンドンを経由することでジャカルタまでのチケットを無事ゲットすることができたという訳。 せっかくなのでバンドンで1泊します。

バンドンは西ジャワ州の州都で239万人が暮らしているらしい。結構大きな都市です。

バンドンは高地にあり起伏が激しく、またバスなどの都市交通は発達していない…ということでどうやって市内観光等しようかと迷った結果、1日カーチャーターをすることにしました。(正確に言うと「カーレンタル」という扱いだけど、ドライバーもついてくる)

バリ島にいる間にしっかり問い合わせと予約を完了。
バンドン駅に迎えに来てもらうところからスタートして、あちこち行ってもらうことにしました。

朝5時過ぎだというのに駅は到着した人とお迎えで大混雑していたけど、WhatsAppでドライバーと連絡を取っていたのですんなり会うことができました。
便利な時代だな。

まずはホテルに行ってもらい、車待たせたままスーツケースを置いてあわよくばチェックインしてシャワー浴びてから観光にGoと思っていたけど、残念ながらお部屋はできておらず。

ロビーラウンジでちょっと荷物整理をしてから早速チャーターした車で出かける。

予約のやり取りをしていた人にはどういう風に回ってどこでゴハンたべて何時ごろホテルに送ってもらうかのプランを伝えていたのだけど、ドライバー氏まで伝達されてなかったみたいであれこれ提案された。

でも私の中で行くとこもごはん食べるとこも全部プランを決めていて、ホテルはせっかくシェラトンのエグゼクティブを取ったからチャーターの12時間には満たなくともカクテルアワーまでにはホテルに帰りたいのだ。

という訳で、そのまま実行してもらった。
多分ドライバーは提携してるレストランとかお店連れて行くとマージンもらえるのだろうけど。申し訳ないがこちらも1日しかないバンドンわがままに回らしてもらうぜ。

さすがバンドンは高地にあって車を走らせる間にも街を見下ろせるようなスポットがあったりと、楽しい。

まず最初に到着したのは Tea Plantation つまりジャワティーの茶畑

これはどこの茶畑が良いのかわからなかったので、他に回るところから遠くないところでドライバー判断で連れてきてもらったよ。

まずは工場の中を案内してもらう。

レバランの休暇明けで今日から稼働再開らしく、まだ休んでる人もいて100%再稼働してないみたい。工場内の機械は動いていたものの、割と閑散としてました。

社会科見学楽しかった!

でも実は工場よりもこの茶畑の景色が見たかったのだ。

GoogleマップでTea Plantationを検索するとバンドンの南に大規模な茶畑とそれを見渡す展望台があるみたいで、本当はそこに行ってみたかったけど他に回るところと反対方面に2時間くらいかかるみたいなので断念した。

ちょっとこじんまりした茶畑だったけど、まずバンドンで行きたいところ1つ行けて満足!

最後にジャワティーを淹れてもらいました。

すっきりしていて美味しい。

そこからまた市街地の方に降りてきて、「Rabbit Town」に行きました。

ここはウサギの動物園とショップやレストランが入っている複合施設みたいなところで、子供向けなのだが…。
この目で確かめてみたいものがありまして。

「ラビットタウンに行きたい」って言ったらドライバーも「何故…?」みたいな顔されたし、チケット買ってはいる時も「日本人(大人)が一人で…?」って顔されました。笑

実はバンドンについて調べている時にインスタで見つけた写真を見て、同じ場所に行ってみたかった。

洋服屋さんの一角に突如現れる、日本のポスターコーナー…。

(ライオンズ在籍当時は)浅村ファンだった私は、バンドンのローカル向け施設に貼られた2014年交流戦ポスターをどうしてもこの目で確かめたかったという訳。

せっかく見つけたけど、なぜこれらを貼るに至ったのかについては解明されなかったけど。

ウサギはウサギで、かわいいもんだな。

わざわざ日本からバンドンに来てまでウサギ見に来なくてもいいとは思うけど(^^;

そこから近くのアウトレット「Rumah Mode」へ。

そんなに心惹かれるものはなかったけど、日本でも活躍してくれそうなバナナリパブリックやトミーのTシャツを安く買えたのでまあ良し。

最後に遅めのランチはGoogleマップで見つけたテラスからの眺めの良いイタリアン「Fashion E Pasta」というお店。

ドライバーの知らない店だったらしく、「おすすめしてるところがあるんだけど」と別の店を提案されたけど、これまたマージンもらえるとこなんだろなぁ。
勧められた店も調べてみると眺望が良くて食事も美味しそうだけど、観光客向けっぽい。 ここは自分の直感に従って予定通りにイタリアンへGo!

そして、行ってみたら正解だった。

街を見下ろすテラス席♪

サーモンクリームパスタも、とっても美味しかった!

昼ピークを過ぎていたせいもあって空いていたし、やっぱりこっちにしておいてよかった!

そしてカーチャーターの時間を2時間残してホテルへ戻り、観光は終了。
チェックインしてお部屋に入りました。

カクテルアワーになり、エグゼクティブラウンジへ。
こちらもテラス席があり外を眺めながらお酒と軽食を頂けます。

カナッペやサラダ、ミートボールなど。
もうこれで夕飯にしちゃおう。

ラウンジのお客さんもやはりムスリムが多かったので、酒を飲む私は隅っこのほうでカクテルを楽しんでおりました。

日が暮れて来るとイスラム教の礼拝の呼びかけ「アザーン」が聴こえてきました。

このアザーンを聴くと異国を旅している実感がわくと同時に何か心が落ち着く気がします。

いよいよ明日はジャワ島横断のゴール、ジャカルタへ。そしてインドネシア出国です。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください