【バンドン】「シェラトンバンドン ホテル&タワーズ」緩やかな丘陵に建つ美しいホテル(お部屋編)

バンドンは列車移動日で挟まれる1泊だったので、リラックスできるホテルを選びました。結果、「シェラトン」で大正解♪

シェラトンバンドンの場所

シェラトンバンドンはジャワ島鉄道のバンドン駅から7kmと結構離れています。
丘陵に建っており静かで眺めも良さそう。

鉄道で到着して鉄道で出発する場合にはあんまり向いていないような気もしますが、私はもともとバンドンでは徒歩でなく運転手付きレンタカーを利用することにしていたので多少遠くても自分が「泊まってみたいなぁ」と思うところを優先しました。

私は運転手付きレンタカーをバンドン駅でのピックアップから頼んだのですが、そうでない場合は駅でタクシーを捕まえるかあらかじめホテルにピックアップを頼むのが良さそうです。

また、チェックアウト後の出発時はその場でタクシーを手配しようとしたのですが全く捕まらずホテルの車で165000ルピア(約1277円)で駅まで行きました。
列車の出発時間に間に合わないと大変なので、よいこはチェックアウト前日に手配しておきましょう。

予約と料金

Booking.comにて、ラウンジが使える「タワーカバナ」を約13000円で予約しました。

「デラックス」は7000円台~あるみたい。
バンドンという立地故なのか、このクラスのホテルとしてはだいぶお得に泊まれますね。 

シェラトンバンドンのお部屋

正面玄関からロビーへ入ると、まぁ素敵♪

さわやかなミントグリーンを基調とした装飾です。

駅から到着した早朝はまだチェックインができなかったので、荷物だけ置いて夕方に戻ってきました。

お部屋に向かいます。

スモーキーなグレーがかわいい。

お部屋の中もグレイッシュでかわいらしいです。

ベッドの前に円形の大きなソファがあるので、ここでゴロゴロできます。
足を伸ばしてくつろげるので、いいですね。

タワーカバナのお部屋は、テラスもついています。

籐のテーブルセットとミントグリーンのソファがかわいいです。
ちなみに私の部屋は建物の1階で、テラスの前は塀になっていたので眺望はありませんでした(^^;

バスルームです。

ミネラルウォーターのボトルが2本。
ベッドルームにも2本置いてありました。歯磨きで使うとしても1人ならば十分の量です。

シャワーブースは独立していて使いやすかったです。

そして久しぶりのバスタブが嬉しい!
ゆっくり浸かって移動疲れを和らげることができました。

バスルームのアメニティ。

 

シャンプー、シャワージェル、ボディローション

確か私自分のを使ったのでよく覚えてないのですが、シャワーブースの中にもコンディショナーはなかったような気がします。

移動続きで前日は車内泊だったので、このシェラトンのお部屋でジャカルタ移動前にゆっくりとできたのはすごく良かったです。

タワーカバナ宿泊者が利用できるラウンジも素敵だったので、次回の記事でご紹介したいと思います♪

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください