フアランポーン駅の荷物預かり所 (Left Baggage) ではバッグの中身に注意!

バンコクのフアランポーン駅で、列車の出発前や到着後に使える荷物預かり所をご紹介します。

荷物預かり所の場所

フアランポーン駅の荷物預かり所は人が集まっているステーションホールの角にあります。

構内図でいうと④

下の写真はステーションホールを2階から見下ろしているのですが、みなさんプラットホームに向かって座っており手荷物預かり所はこの写真でいうと手前左に当たります。

ちゃんと「Left Baggage」と英語表記があります。

主要クレジットカードでキャッシングができるATMがあるので、必要であればこちらも。

こちらが入口です。

営業時間

フアランポーン駅手荷物預かり所の営業時間は

午前4時~午後11時まで

長時間やっているので、早朝の到着や夜の出発時に利用するのもほぼ問題なさそう。

料金

料金表が入口に貼ってあります。

これ↑では見にくいですね(^^;

料金は時間ではなく日ベースとなっています。

100cm×30cm×40cm以内 / 重さ10kg以内 20B
100cm×30cm×40cm以上 / 重さ10kg以内   40B
150cm×60cm×80cm以内 / 重さ30kg以内   60B
150cm×60cm×80cm以上 / 重さ30kg以内   80B
(1日毎 
2019年4月時点の料金)

となっております。

預入時はバッグの中身に注意して!

入ってすぐのところにカウンターがあるので、荷物を差し出すと料金を教えてくれるので支払って預り票をもらいます。

私のバックパックは80バーツでした。

預ける際に「食べ物は入っていないか?」と聞かれます。
「貴重品は入ってないかの間違いじゃないの~?」と思ってしまいますが、壁に貼ってある注意書きが。

 

食べ物やスナックが入っていないかチェックしてね(^^)
ネズミにかじられちゃうから(^^)
破損しても責任は負いかねます!!!(`・ω・´)

だそうです。

確かにちらっと見えた荷物置場はお世辞にも綺麗とはいえなさそうな感じだったし…。こわ。

ハードスーツケースを齧られることはないかと思いますが、バックパック等を預ける際には十分ご注意くださいね!

もちろん貴重品は入れずに、しっかり鍵をかけ、鍵の無いポケットなどに大事な物の取り残しをしないように気を付けましょう。

ところでここの片隅にUFOキャッチャーで取るみたいなぬいぐるみを50バーツで売ってたけど、忘れ物じゃないよね…?

バンコクから列車に乗る前、到着した後の観光などに使える荷物預かり所のご紹介でした。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください