2018/06インドネシア横断+SIN, 旅の準備

【インドネシア横断+シンガポール旅2018】旅プラン編



お久しぶりの更新になりました。

2016年東南アジア旅は、まだまだ書きたいことがあるのですが先月インドネシアでバリ島リトリート9日間、ジャワ島で「海外乗り鉄」4日間とシンガポール食べ歩き4日間してきたので忘れないうちにそちらも併せて更新していこうと思います!

 

旅のプラン

今回の旅プランは、以前参加したことがあるRetreat(リトリート)に参加を決めたことに始まります。
オーストラリアのフィットネスウェアブランドが主催する「Flexibility Retreat」で、バリ島のリゾートヴィラで非日常を楽しみながらストレッチトレーニングをしましょう♪というもの。

これの後、せっかくなのでジャワ島にフェリーで渡り鉄道で東から西へと横断してジャカルタを目指そう!と思い立ちました。

(実は逆パターンのジャカルタから西から東へ横断してフェリーでバリ島へ、は2017年1月に実行しております!そちらもまだUPしていないので追々書かねば。)

最後にいつものシンガポールで食べ歩きして〆!という旅程はこちら!

 

1日目: シンガポール航空で成田空港からシンガポールへ。 チャンギ空港でラウンジ泊

2日目: シルクエアーでシンガポールからデンパサールへ。 送迎車でチャングーのヴィラへ

3日目~7日目: チャングーでリトリート

8日目: リトリート終了。 ウブドに移動

9日目: ウブド滞在

10日目: バスでバリ島を横断、フェリーでジャワ島に渡り港町に宿泊

11日目~13日目: 途中の都市に滞在したり車中泊しながらジャワ島横断

14日目: ジャカルタ到着 夜シンガポール航空でジャカルタからシンガポールへ

15日目~17日目: シンガポールで食べ歩き

18日目: 最後に食べ歩いた後、夜シンガポール航空で帰国

19日目: 羽田着 お疲れさまでした

 

旅の手配

いつも通り、リトリート以外は全部個人手配でした。

リトリートのパッケージには
・チャングーのヴィラ宿泊6泊+朝昼食
・デンパサール空港からの初日と最終日の送迎
・トレーニングセッション
が含まれているのでチャングー滞在中の分はほぼ心配なし

航空券 はシンガポール航空のウェブサイトで直予約
「複数都市」のカテゴリーから、いわゆるオープンジョーいやこの場合ダブルオープンジョーになるのか?
成田 – シンガポール – デンパサール ~(陸路移動)~ ジャカルタ – シンガポール – 羽田 
という行程で発券しました。
往路の出発地を成田にしたのは、羽田発で仕事後に夜便に乗るよりも1日仕事を休んでも朝成田発にした方がコスパが良かったからです。

鉄道チケット の手配はちょっと大変でした。
というのも、私が移動しようとする日程がちょうどイスラム教の断食明け大祭レバランにぶつかることが判明。
この時期はバリやジャカルタで働いている人たちが一斉に中部ジャワに帰省するとかで、道路や鉄道が大混雑になるそうで (;゚Д゚) 
そのため鉄道のチケットも取りにくいということを幸い発売日前に知って3か月前からジャカルタまでの行程のプランニングを始めたのと、手配してもらったジャカルタの代理店『J NET TRAVEL』さんが非常に迅速な対応をして下さり無事にジャカルタからシンガポールへ発つ日に間に合うよう手配できました。
ジャワ島鉄道については、別記事で詳しく書く予定です。

チャングー以外の ホテル は、【Booking.com】 と直予約を見比べて安い方でネットで個人手配。
また個別にレポします。

 

旅のカバン

ジャワ島では移動が多いのでバックパックも良さそうでしたが、以前ジャワ島鉄道を利用した時にはスーツケース(ハード)で駅構内移動や車内の置き場所も問題がなかったので今回もスーツケースにしました。

2016年東南アジア一周で陸路から空路旅になった際にシンガポールで買ったもの。
ショップのニーチャンが「何リットルかはわからない」と言ってたけど、たぶんサイズからして60リットル。

同じのが探せなかったけど、このあたりと見た目・使用感は似てるかと。

【31日9:59まで!各種利用でポイント最大44倍】 サムソナイト アメリカンツーリスター ロールズ2 スピナー65 (60L) (15Q*005/90570) Samsonite American Tourister Rollz II フレームタイプ 正規3年保証付

 

列車のことだけ考えるとできればこれより小さい方が良い。
これより大きくなると車内で置き場に困ると思う。

SIMの手配

いつもだったら、シンガポールはチャンギ空港で5日間のデータSIM($18)を買いインドネシアは適当にその辺の携帯ショップで勧められるがままにプリペイドを買うのだけど、今回はTABI FILEさんのこんな記事を読んでローミングが安いHappy Prepaid SIMにしてみました。

日本で事前注文しておいたHAPPY PREPAID SIMカードをシンガポール チャンギ国際空港で受け取る!(購入編)

記事で紹介されているSIMを、日本からWEBで予約し初日にチャンギ空港で受け取りました。

右が今まで定番だった5日間のデータSIM 左がこの度導入したHappy Prepaid

概要はリンク先で非常に詳しく紹介されています。

要は今までは滞在の度に使い捨てSIMを使っていたのですが、トップアップすることで次回からの滞在もずっと使い続けられるSIMに変えました。シンガポールには1年に2回は行っているので、絶対その方が良かったんですが有効期限延長するためにトップアップしたりプランを考えるのが面倒そうで毎回両替ついでに使い捨てSIMを買っちゃってたんですよね(^^;
よく考えると毎回チャンギでSIM買ってアクティベートしてもらう方が面倒です。これからは、着いてすぐ使える♪

そしてこのHappy Prepaid、ローミングも低コストでできるのでインドネシアでもSIMを入れ替えることなく使えてとても便利でした。

何気にインドネシアってWhatsappで連絡を取り合う(例えば旅行代理店とかカーチャーターのお店や担当のドライバーとか)ことが多いので、このSIMは大活躍でした。

というわけで

旅日記と、ジャワ島横断の鉄道乗車記録などこれからUPしていきたいと思います…。

ネタだけはたっぷりあるのに一向に進んでないけど…ガンバル…

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。