バンコクから寝台列車で出発前にシャワーが使えそうな場所

バンコクには朝到着しその日の夜に寝台列車で出発するので、どこで出発前のシャワーを浴びるかちょっと悩みました。

実際使ったところと、候補にしていた場所をご紹介したいと思います。
シャワーの場所に困ったらご参考にどうぞ!

フアランポーン駅のシャワー

これがおそらく一番お手軽です。
出発するフアランポーン駅にあるシャワー施設をお借りすること!

場所はステーションホールからプラットホームに向かって右手、インフォメーションセンターの奥にあります。

今回は利用せず、写真を撮りに行くのも忘れてしまいました(^^;

数年前に改装して綺麗になっているみたいで、使い勝手は良さそうです。
料金は10バーツで、水シャワー。

実際利用された方のレポートがありました。

ホテル・ゲストハウスをデイユース

前日にバンコク泊しているのであればレイトチェックアウトやもう1泊分取っても良いかも知れません。

今回みたいに朝着だった場合は、フアランポーン駅から近い場所の安いゲストハウスなどをデイユースという手もありますね。

コストは高いですが、もれなくベッドもついてくるのでバンコクまでの移動で疲れている時や到着から出発まで出歩かないような場合は利用価値高いと思います。荷物も置いておけるし。

私はバンコクでは利用しなかったのですが、パクセーで到着から出発まで時間があったのでホテルをデイユースしました。ゴロゴロして疲れも取れて良かったですよ。

デイユース希望の場合は、可能かどうか予約時に宿泊施設に確かめてみましょう。

バンコク市内のスパ

バンコクでスパを利用して、そこでついでにシャワーを浴びるという手もあります。
ボディスクラブとかオイルマッサージであれば、終わった時にシャワー浴びられますからね(*^^*)

4年前に寝台でチェンマイに行った際にはシャワーを兼ねて出発前にスパに行きました。

その時に利用したのは、アソークにあるAmaranth Spa

ここは韓国系スパなのでアカスリのコースがあるんです。
湯船にも入れたのでかなりすっきりしてから出発できました。

MRTスクンビット駅からフアランポーン駅まで1本で行けるので、アクセスも良いですよ。

Amaranth Spa

あとはチャイナタウン(ヤワラート)のスパであればもっとフアランポーン駅まで近いので便利ですね。

バンコク市内のおふろ施設

私が今回選んだのはこれでした。
バンコクって日本式のお風呂施設がいくつかあるんです。

スパでマッサージも良いなと思ったのですが、前日も空港でシャワーだったのでゆっくり湯船につかりたくて。

フアランポーンには決して近くないのですが、トンローの「Let’s Relax Onsen & Spa」

中では写真は撮っていませんが、まさに日本のスーパー銭湯といった感じで清潔!
ゆっくりとお風呂に浸かってサウナにも入って、さっぱりリラックスできました。

料金は700バーツと結構高いのですが、しょうがないかな。

Grande Centre Point というホテル内にあります。

トンロー駅前から無料送迎があります。
本数は少ないのでフアランポーンの出発時刻には余裕を持って出てください。

Let’s Relax Onsen adn Spa

バンコクは他にも日本式のお風呂に入れるところがありますので、各店のウェブサイトご参照ください。 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください