タイ, リペ島, 東南アジア一人旅2016, 移動手段

バンコクを目指してリペ島からスピードボートとミニバンでハジャイへ!

ランカウイ島からフェリーでリペ島に渡った私ですが、ランカウイへは帰らずにハジャイに出てハジャイから列車でバンコクを目指します。

スピードボートの手配

ランカウイ島→リペ島と同様、リペ島公式サイトから予約しました。

ランカウイ島からリペ島へのフェリー

サイトで「リペ島→ハジャイ駅」を選択し予約完了です。
リペ島からはパクバラという港まで約90分。そこからミニバンでハジャイまで2時間といったところでしょうか。スピードボートとミニバンがセットになったチケットです。
(更に言うとハジャイからバンコクまで一晩かかるので…だいたいリペ島からバンコクまで丸一日かけての移動です…)

スピードボート乗船

バイクタクシーで船着き場まで。

撮った写真の位置情報によると、滞在していたサンライズビーチの北側から出航したようです。
時期によって場所が変わるかもしれません。

多くの船が停泊しています。
到着した時は他に泊まっている船はなく私が乗ったフェリーだけでしたが、同じような時間に出航する船が多かったです。

こちらがパクバラまでのスピードボート。

これは岸まで付けてくれています。

が、やはり波打ち際をジャブジャブして乗船するので当日の服装には気を付けてください。

で、中は結構ギュウギュウ…(´・ω・`)

隣の人と肩寄せ合っての90分。…暑い…。
そしてガッコンガッコン揺れます。音もうるさい!

そんなことも噂に聞いていたので、酔い止めを飲みイヤホンでラジオを聞きながらの船旅でした。
なかなかきつかった!

やっと、パクバラに到着。

みんなぐったりしてました。
荷物が下ろされるので受け取ります。

パクバラ港でミニバンに乗り換え

船を降りるとこんな感じの通路をみんなで進んでいきます。

パクバラ港の玄関です。ここにミニバンの会社の人がお迎えに来ているはず。

合流する前にトイレも済ませておいた方が無難です。

私はココに出てきたときにお迎えの人が見当たらず、めちゃめちゃ焦って周りを探しに行ってしまいました(^^;

 

玄関口にいるはずなので、見当たらなくても焦らず待ちましょう。
(私も焦ってうろうろした後にまた玄関に戻ったらちゃんと会えました)

一度ミニバンの会社に寄って何人か合流してからハジャイへ向かいます。
私が乗った時は周りはほとんどタイ人だったようです。

「ミニバン」なので結構狭いです。1人だったら1-2配列になっている1人席にさっさと座るのをおススメします。

タイの田舎道を走るミニバン!

ハジャイ市内へ

ハジャイ市街地の手前、まずは空港で何人か降りました。

そこからさらに30分弱でハジャイの街中へ。

こちらのカラフルな建物がハジャイの駅です!

長かったけど、まだまだこれから…

ハジャイへのスピードボート&ミニバンに乗る際の注意まとめ

  • 本数が少ないので予約はお早めに
  • チケットはあらかじめプリントアウト
  • やっぱり服装はハーフパンツにビーサンがベスト
  • 酔い止めを飲んでおきましょう
  • ボートはうるさいので何か楽しめる音楽やラジオなどを用意
  • ミニバンの乗り換えは焦らずにお迎えを待つ

少しでも快適に過ごせますように~!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。